美容師がレッスンをSNSにアップすると良いことがあるはず。

2018 10/07
美容師がレッスンをSNSにアップすると良いことがあるはず。
目次

アシスタントがレッスンを続けて頑張れる理由

アシスタントがレッスンする理由を考えたことはありますか?
ボクが今まで経験したなかでは、
スタイリストになるためではないでしょうか?

しかし最初のモチベーションもなくなってきて
レッスンをやりたくない日も出てきます。
だんだんと同期とも差がついてきて、まわりの人からも遅れをとっているような感覚になっていく。

美容師なら誰でも経験があると思います。
ボクたちのころはまだ先輩たちがお尻を叩いてやらせてくれましたが(笑)

でもやっぱりやらせられたことよりやりたいこと。
技術って出来るようになったら楽しいね。

アシスタントの時にどれだけ頑張れるか?
そこはとても重要です。さらにどうやって楽しく取り組む

今はそこにSNSがある。
せっかくレッスンしているならアピールしちゃえばいい。きっとどこかで誰かがみてくれて応援してくれるはず。
あー頑張っているなーって
さらに周りの美容仲間だって【りょうがやってるなら】みたいな感じになるかもしれない。

美容学生の人数のこと

平成17年から平成23年で35%減少

美容専門学校の卒業者数は平成17年をピークにその後減少傾向にあり、平成23年には平成17年と比較して約35%(8,000人)減少しました。
一方、平成23年以降は1.6万人前後で推移しており、下げ止まったように見えます。入学者数の減少も下げ止まったことを考慮すると、平成27年までの卒業者数は1.6万人前後で推移すると考えられます。
https://try-salon.jp/article/428

まとめとして

辞める人がいるのはしょうがないことかもしれないけど
そのために環境を整えておくことは可能。

環境が良いことがその人のためにとって最適かというと分かりません。
甘やかすための環境ならいらない。

そう別に甘やかすために環境を整えるわけではない。
成長するために環境があるんだと思う。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

この記事を書いた人

1980年愛媛県松山生まれ。千葉県我孫子市在住。千葉県立柏西(現:柏の葉)高校、日本美容専門学校の通信科を卒業。美容室Mart代表|18歳フリーター→PC専門学校→美容師→32歳で独立|【美容師でも出来る】を発信します|Apple好き|カメラSONY好き|自分の好きを仕事にする|声が高くてうるさい|コツコツ継続することが苦手|いつも無駄に動画を撮っている人|

目次
閉じる