個人の目標を設定して良い仕事をするための3つのこと

2019 11/28
個人の目標を設定して良い仕事をするための3つのこと

やらなくちゃいけないことや今すぐ出来ることを後回しにすることありませんか?
今回の記事では設定した目標に向けて行動できるようになる3つのことを書いていきます。

実際にボクもこの方法で自分の行動を管理して
今では月間200名のお客様に支持されるまでになりました。

目次

1.目標を達成するために準備する

目標を達成したり、一定の成果を出している人を見ていると
その人だから出来たんだ、才能があるから出来るんだ、環境がいいから出来るんだ

このように自分にはない部分を探して自分には無理だと思っていませんか?

まずは準備が必要になってくる

準備と聞くとなんだ準備かと思いますが
やはり準備が大切です。

なぜならやるべきことが決まっていないと人はサボるからです。

例えば今日〇〇やらなきゃなーと思っていても
友達(彼氏・彼女)からご飯の誘いがきたらどちらを取りますか?

別に今日やることは誰とも約束していません。
なんなら自分とも約束していません。

この状況だとほとんどの人が楽な方にいきがちです。

自分が毎日やることを決める

自分が毎日やることを決めること
そしてその内容を紙に書き込むことです。

自分がやることを決めて
やったら紙に書く
簡単ですよね

ブログを月に10記事書こうと思ったら
3日に1回更新しないと間に合いません

そしたらそのブログの書く時間をブロックしないとその目標は達成できません。
毎日やることのシートを作ってそこに書き込みます。

必ず誰かにチェックしてもらう

自分一人で継続するのは難しい
しかし、誰かにチェックしてもらうとやらざるを得ない

宿題はホントにそうですよね
誰にもチェックされないならほとんどの人がやりません※けんじろう調べ
提出する・チェックがあるからみんなやります

誰にもチェックされず
誰にも見せないものはやってもやらなくても一緒になっていまいます

準備をしてやることを決めて
チェックをしてもらう

その後は↓↓

2.準備した目標が行動できたかを振り返る

次はその行動を振り返ります。
なんでもそうですがやりっぱなし・やってるつもり・ただやっているだけ

やらないよりやってるだけマシですが
それでも振り返らないとダメです。

振り返る日にちを決める

必ず目標に期限があるように
振り返る日にちも決めなくてはいけません

なぜなら
日にちが決まってないと振り返れないからです。

夏休みの宿題も8月31日に振り返るより

  1. 8月1日に振り返って
  2. 8月10日に振り返って
  3. 8月20日に振り返って
  4. 8月30日に最後のチェック

この方が上手くいきそうですよね

数値化・具体化して振り返る

振り返るときに
カットモデルさんもうちょっと頑張ろう・カラーリング感じがイマイチだったな・ブログも時間がなくて・・・
このように振り返っても何も起きません・・・

このように抽象的に振り返ると原因が何だったのか?
どこに問題があったのか?次にやるときは出来るのか?
こういう疑問が生まれます。

具体的に数値にするとは

カットモデルさんは月に10名の予定でしたが結果8名でした。
カットモデルに一度来てもらったお客様が50名ですのでそのうちの5名が来店してくれました。

サイクルを考えるともう何名か来てもらえたかも知れません。今月来店対象の20名にLINE@のメッセージを入れれば達成出来たかも知れません
また新規専用のポータルサイトの更新も今月は10回で3名だったので次月は更新回数を倍の20回にします。

個人ブログでもカットモデルを募集しているのでもう1回カットモデル募集のページを見直してブログ更新の際にお知らせします。ブログ更新も10記事でなおかつプライベートの記事が多かったのでカットの得意としている部分も更新します。

自分の行動を振り返るときに
数値化・具体化することがとても重要でわかりやすいです。

振り返った結果をチェックしてもらう

誰かにチェックしてもらう
できれば先輩が良い※先輩がいなければ後輩でも同僚でもOK

人に報告しなくてはいけないとやはり行動しないと報告できません
また人に見てもらう時のちょっとした緊張感も大事です。

子どものころもらった通知表も親に見せたでしょ笑
誰にも見せなくていいのなら
反省も向上もしないでしょ

3.結果・行動が目標通り進んでいなければ改善する

とはいえ
自分の掲げた目標が最初からうまくいくことなんてあまりないですよね
だからこそ改善していかないとダメですね

なるべく本当の目標より大きくしましょう
特に最初は自分の出来る範囲で目標を決めがちですが
目標が大きいからダメということはありません

丁度いい目標で行動もそこそこならばその目標は意味がありません
その目標に対するプロセスを通じ成長することですから

目標から逆算して行動を改善する

目標から逆算すること
最終ゴールの日付を決めること
そしてそこから分割して1日の目標まで見えるようにする

まとめ

目標を達成するには

準備する → 振り返る → チェックする → 改善する

この流れを意識することが大切です。
あとは常に目標を忘れないために
スマホの待受に入れておきましょう

人は忘れるものなので自分が忘れないのも重要。
さらに第3者にチェックしてもらうことによって更に目標が達成しやすくなります。

自分が決めた目標がワクワクして楽しみになりますように
達成したあとの自分を描くのもおすすめです。

それではまた

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

この記事を書いた人

1980年愛媛県松山生まれ。千葉県我孫子市在住。千葉県立柏西(現:柏の葉)高校、日本美容専門学校の通信科を卒業。美容室Mart代表|18歳フリーター→PC専門学校→美容師→32歳で独立|【美容師でも出来る】を発信します|Apple好き|カメラSONY好き|自分の好きを仕事にする|声が高くてうるさい|コツコツ継続することが苦手|いつも無駄に動画を撮っている人|

目次
閉じる