発信の先に誰がいるのか?まず最初は仕事にならなくてもいいじゃん。

目次

美容師の発信

facebookやTwitter、Instagram。 毎日、目にしますよね。 あなたも友達や好きな人をそれぞれフォローしていますよね。 周りの人はどんな発信が多いですか?

遊びとしてのSNSの使い方

ほとんど意味はあまりない。
ただ楽しいからやっている人が多い。

なんでもないことや家族のこと、趣味やちょっとした悩み事。
そんなたわいもないことで共感できる内容がほとんどですよね。

逆にギラギラしすぎていると・・・
なんかね。

誰に向かって発信するのか

まずSNSを見てくれている人はそもそも何かしらでつながっている方が多いと思う。
また何か気になるなフォローしてみようとかたまたま友達の友達だったり。

それなのにいきなり あれ買ってコレ買って。これ凄いでしょ。こだわってますよー

そんなこと言われても・・・

仕事のためだけの発信ってなんかあんまりだしね。
でもなぜか若者の頑張っている姿はなんかいいんですよね。

美容師でいえば
若手のアシスタントが頑張っている成長日記とか
若手のスタイリストが日々どのようなお客さんを担当してどんな髪形を作っているか
なんか応援したくなっちゃう。
もちろん自分のお店のスタッフじゃなくてもね(笑)

こだわるのはこだわっていいけどそれを押し付けるのはダメだよね。
だって別に自由でしょ。だから書きたいことを書けばいいよね。

楽しかったってことをうちのスタッフにもどんどん書いてもらいたい。

まとめ

とにかく自分が出ていればそれで良いと思う。
ブレずに自分が今やっていることをそのまま発信すればいいよね。
今このBlogを書きながらもっともっと成長するぞと思っています。

また書きます。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

この記事を書いた人

1980年愛媛県松山生まれ。千葉県我孫子市在住。千葉県立柏西(現:柏の葉)高校、日本美容専門学校の通信科を卒業。美容室Mart代表|18歳フリーター→PC専門学校→美容師→32歳で独立|【美容師でも出来る】を発信します|Apple好き|カメラSONY好き|自分の好きを仕事にする|声が高くてうるさい|コツコツ継続することが苦手|いつも無駄に動画を撮っている人|

目次
閉じる