美容師として結果が出るまではこだわりは置いておこう。

こんにちはM.art(マート)けんじろうです。

3月も終わり、もう4月ですね。
1月から新体制になってホントに充実した毎日を過ごしています。

目次

どんな環境で働きたいですか?

ボクは美容師としてスタイリストになった時、売れっ子になりたいと思っていました。
美容師としてスタイリストっていうのはカットやその他の技術を一人で責任ももって出来る人。
売れっ子というと・・・
これは定義が曖昧ですが毎日お客さんに支持されている美容師ってことかな?

美容師はスタイリストになってからがスタートなんです。
でも最初からお客さんがたくさんってことはなかなか難しいです。

ボクはデビュー初月 指名のお客様20名でした。フリーはなんと80名?くらい担当させてもらったと思います。
デビューしたのが約16年前ですので懐かしいデータですね。

そこからも順調に入客させてもらい1年で指名100名3年位で常時月間200名の指名をいただけるようになりました。
最高では月間330名以上のお客様を担当させてもらえることもありました。

しかしそれは全てお店のブランド力といっても過言ではありません。
それだけの集客力があったお店で働けたのは本当にありがたいことでした。

その当時はSNSもなかったしね。そう考えると今はいいね。

結果を出しやすい環境

あなただったら結果を出しやすい環境と結果を出しづらい環境ならどちらがいいですか?
またその環境が整っているにもかかわらず結果が出ない場合はどこに原因があると思いますか?

自分でやってみると非常によくわかりますがお客様が毎日来てくれる環境ってすごいことだと思います。
そしてそれに応えて結果も出るとホントに楽しくてしょうがなくなってきます。

美容の技術って目の前のお客様が決めてくれることだと思います。
毎月200名以上担当させてもらってリピート率が90%超えていたらそれも一つの答えだと思います。
もちろん100%ならそれが最高ですが・・・

結果が出ない人の特徴

  • 素直じゃない
  • 仕事を見ない
  • こだわりが強い
  • 言われたことをしない
  • 練習することを仕事だと思っている
  • 結果をみない

結果を出す人の特徴

  • 素直
  • 仕事を盗む
  • こだわりもあるが柔軟に対応
  • 言われたことを出来るようになるまでやってみる
  • 仕事のための練習と理解し取り組んでいる
  • 結果が出てなければ自分を変えてみる

まとめ

ボクは修行時代、自分に仕事を任せてくれるスタイリストの存在がとても有り難かったです。
とにかく自分の手がやってないことは頭で理解していても出来ません。
そのチャンスをくれるスタイリストとお客さんがいてくれたからこと今があるなーと。

そして言われたことはほぼ全部YES!!※ボクの記憶では・・・

だってまだ出来てもない人が自分はーって言ったってなんにもならないでしょう。きっと

とにかく出来るようになるまでしっかり頑張ることが一番の近道だと思う。
出来もしないで文句ばっかりいってた人で今いい感じだなーと思う人はあんまりいないしね。

まずは出来るようになるまでしっかりやろう!!

ではまた。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

1980年愛媛県松山生まれ。千葉県我孫子市在住。千葉県立柏西(現:柏の葉)高校、日本美容専門学校の通信科を卒業。美容室Mart代表|18歳フリーター→PC専門学校→美容師→32歳で独立|【美容師でも出来る】を発信します|Apple好き|カメラSONY好き|自分の好きを仕事にする|声が高くてうるさい|コツコツ継続することが苦手|いつも無駄に動画を撮っている人|

目次
閉じる