今までの道のりから考える。どうせなら誰もやってないことをしたい。

目次

やりたいことや好きなこと

今やりたいことがたくさんあって面白い。
独立して8年。

何故独立したかから始まって今に至る。

最初の動機は不純(笑)
どうしたら土日の休みをコントロール出来るか?ってこと
なんだそれ。

働き始めた当初ボクは美容師になりたくてなったんじゃなかった。
それじゃダメじゃん(笑)

でも練習して出来るようになってきて目の前のお客さんが喜んでくれるのが嬉しかった。

初めて貰ったお給料は十数万円…
おー大金だーって思った。

それまでまともにバイトもしてないから10万円が財布に入ってるのが嬉しかった。
すぐ無くなってたけどね。

スタイリストになった時

そしてスタイリストになった時。またお給料が上がった。
凄い嬉しかった。

売上が上がった時。お給料が上がった。
店長になった時。お給料が上がった。

そうお店は応えてくれていた。
ボクは自分の環境に概ね満足していた。

次の段階

スタイリストになったのが25歳
店長になったのが29歳くらい
独立したのが32歳
今、40歳

お金と時間と福利厚生、年金保険等。
いろいろ勉強になりました。

自分でコントロールできる部分と自分ではコントロールできない部分がありました。
それらをいかに自分でコントロールしていくか?
それが独立してからの課題でした。

社会保険は個人のチカラではなんともなりません。
個人的に入ることはできないからです。

さらに組織は統一した目標がなければ進んでいきません。
今何を大切にするか?
それは個人の都合では変えることはできません。

まとめ

自分が通ってきた道のりを考える。そこからこれからを考える。

美容師になったらまずスタイリストになることを考える。
アシスタント時代はどうやったらスタイリストの役に立てるか考える。
では売れっ子になってきたり店長になってきたりしたら何考える?

現状維持?
何のため?
将来の不安?
みんなのため?

シンプルに考えるといろいろ見えてくるね。
ではまた。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

この記事を書いた人

1980年愛媛県松山生まれ。千葉県我孫子市在住。千葉県立柏西(現:柏の葉)高校、日本美容専門学校の通信科を卒業。美容室Mart代表|18歳フリーター→PC専門学校→美容師→32歳で独立|【美容師でも出来る】を発信します|Apple好き|カメラSONY好き|自分の好きを仕事にする|声が高くてうるさい|コツコツ継続することが苦手|いつも無駄に動画を撮っている人|

目次
閉じる